連携2

連携2

株式会社 M社

 

ミッション(MISSION)経験知に価値を与えるもっとも価値があるのは経験に裏打ちされた知見。

 

これらの展開や継承を促進することでより良い世界の創造に貢献します。ヒトに眠る「知」、Web上では探せない専門知識やインテリジェンスにアクセスし、「知」を流通させるインフラとなります。異なる「知」と「知」が結びつくことで、イノベーションを生み出します。

 

※Meme(ミーム)とは、遺伝子を超えて受け継がれる思想や文化、そして我々の生存の意義であり、M社の社名の由来でもあります。承認制スキパートに登録いただく方々の想いはそれぞれですが、共通していることは「自分の専門性を生かして、様々な場面で貢献したい・活躍したい」という想い。

 

私たちは、「ExpertFirst(エキスパートファースト)」を念頭に、エキスパートとして登録いただく個人の方を第一に考え、専門性を持った個人の方が活躍する機会を作り続けてまいります。個人一人ひとりが活躍する機会を増やし、知見の流通を促すことで、世界中の問題解決やイノベーションを加速させ、エキスパートの皆様と一緒により良い世界をつくっていきたいと考えています。

 

応募実績

 

12)質問:日系企業の東欧への進出状況をお教えいただけますでしょうか。具体的には、「日系企業の業界毎の投資の傾向」や「東欧進出において想定される日系企業のIT投資」についてご存知のことがあればご回答をお願いいたします。

 

回答:現在のロシアによるウクライナ軍事侵攻以前の情報:1999年、2000年 JPC委託で中・東欧をコンサルティング・ミッション従事、出張した実績あり。

 

1)スズキ(自動車)、
2)矢崎総業(自動車部品)、
3)三井倉庫(運輸)、
4)東京三菱銀行(金融)
5)ソニー(電機)、
チェコスロバキアにて、CDプレイヤーを生産販売していたが、大分前に撤退、マレイシアに移転。
(参考;JETRO資料より)

 

11)質問:
 【生産工場における各部門への売上の配賦方法について】について、
 ご回答をいただきたくご連絡いたしました。大変急なお願いではございますが、ご協力いただければ幸いです。

 

回答:

 

「原価管理における「配賦」は、S社では、決めたある基準に則って費用を配分処理していた。複数の部門や製品で共通して発生した間接費があった場合に配賦を行ったが、配賦基準の設定や配賦率の計算は知識がないとできないため、「特別「管理部原価管理課」が担当していました。当時の状況は

 

10)質問:
  【エレクトロニクス領域におけるファブレス活用の動機、スキームにはどのようなものがあるか】

 

  回答:【動機】活用したい企業は、以下3つの点を明確にする必要がある。@ファブレスを選択した理由・背景 Aファブレスで事業化(研究開発)する際に必
  要な協業体制・要素(評価機関、製造業者、商社等)Bファブレスでの研究開発・事業における課題、成功・失敗要因
  【スキーム】計画・案・図式として、ヒト・モノ・カネ・情報をベースに準備する。

 

9)質問:

 

【Apple社のサプライチェーンにおけるTier2以下のサプライヤの生産進捗管理】

 

 回答:【報道によると、Appleは事業全体、製造サプライチェーン、製品ライフサイクルのすべてを通じて、2030年までに気候への影響をネットゼロにすること 
  を目指します。同社は今日の段階でグローバルな企業運営において既にカーボンニュートラルを達成していますが、今回の新たな目標では、販売されるすべての
  同社バイスについても、2030年までに気候への影響をネットゼロにすることを目指します。

 

8)質問:
  【国内複合機メーカーなどオフィスに入り込んでビジネスを行っている企業において、再販の候補となりそうな中小企業向けソリューションを教えてください】

 

 回答:中小企業は、一般的に「人、物、金、情報」がない。まず、複合機導入のメリットを説明・理解してもらう必要がある。
 複合機(コピー機)にはペーパーレス化に伴う機能も充実しており、メールやインターネットなどの通信機能を搭載した機種も多く販売されている。
 また、独自のアプリケーションを開発しているメーカーも多く、複合機(コピー機)を使う方のニーズに合わせて様々な使い方ができる。

 

7)質問:
  【日常的に水をお金で買う消費者が、水(ペットボトル水の購入/宅配、ウォーターサーバー、浄水器など)を選ぶ基準はどのような要素があるとお考えで

 

   しょうか、見解をお聞かせください。】

 

   回答:安心・安全:ペットボトル(PB)の水の安全性を重視する場合、R.O.水と明記された逆浸透膜でろ過された水が安心。天然水であれば、採水地や採水
   方法をしっかり確認。宅配水も同様に、逆浸透膜(RO膜)でろ過された水が安心。天然水であれば、採水地と採水方法を確認。浄水器の場合は、逆浸透膜・ 
   RO方式の浄水器であれば安全性が高くなる。

 

6)質問:
  【製造業における防爆スマートフォンの国内市場規模はどの程度あるとお考えでしょうか?また、製造業の中でニーズのある業種や工程はなんでしょうか。
   可能であれば、それら個別での市場規模感(体感値や雑観、概算で結構です)についても言及いただけると幸いです。】

 

  回答:製造業における防爆スマートホーンを含む防爆型移動体通信デバイス市場は2020年に4億5,886万米ドルと評価され、2026年までに7億1,535万米ドルに
     達し、予測期間(2021年から2026年)にわたって8.05%の年平均成長率で成長すると予測されている。

 

5)質問:【V殺菌処理方式のバラスト水処理装置を、より電力消費効率が高いものや燃費性能の良いもの買い替えるニーズはあるのでしょうか。】
  

 回答:このニーズに応える企業の例として、「米国HydeMarine

 社」がある。このニーズに応える企業の例として、「米国 Hyde

 Marine社」がある。

 

4)質問:【大手製造工場向けに大規模展開しうるスマートフォンを活用したソリューションおよびそのソリューションを提供する上でのポイント】

 

  回答:総務省「令和2年版 情報通信白書」

 


3)質問【世界中のバラスト水紫外線殺菌処理装置の導入事例】

 

 回答:参考:船舶ーバラスト水の処理技術と評価選定

 

2)質問【製品製造の今後の方向性として、「工場を持たずに製品開発に注力していくファブレス化する場合」のEMS企業との関係や役割について、Appleの事例や
  他にベンチマークすべき企業や考え方・この点の記述に詳しい書籍、レポート、雑誌、記事などありましたらご教示ください。】

 

 回答:中華IT最新事情

 

1)質問【製品製造工場を抱える日本の大手コンシューマエレキ企業における製造機能のデジタル化(DigitalManufacturing)について】について】

 

 回答:経済産業省「製造業DX取組事例集」「ものづくり白書」

 

page top