ホーム トップ  ミッション   プロフィール  商品紹介 パートナー   ニュース(国内)  コラム  掲示板  リンク
 ワールドリポーターズ(ホンコン便り)
  香港便り09 2016/04/12

無事出張目的遂行、両社懸案事項合意できた夜は、E社社長夫妻主催の『お別れデイナー』 場所は、香港で最も有名なステーキハウスのひとつ BLT(Bistro Laurent Tourondel) 生憎の雨で香港の夜景は見えなかったが海に面した素敵な雰囲気のレストラン。
   約400g(他の人の倍)のリブ・フイレステーキとフランス・ボルドー産赤ワイン(Havt Lafitie)に至福の時!ミデイアム・レアの赤肉特有のほんのりとした酸味、様々な旨みが幾重にも重なり、絡み合い、口一杯にうっとりと広がる。まさにビーフステーキを食べる幸せを感じる。残念ながら日本では味わえない質、量、焼き方、価格と場所。そして、最後に各人に感謝のメモ付き香港お土産(Conte de Cookie) 『旅は人生を豊かにする!』を改めて実感した短いかくも深い香港出張。
香港便り08  2016/04/12

今回出張はまず香港E社を前回訪問(2016/12)した時は何もなかった賃貸オフィス・スペースの状況視察。新オフィスは計4フロアとなり、新しい事務機器も配置・整備済み。積極的な投資とやる気が伺えた
   また、次のハイライトは、香港販売認定証を取得すための改造費用、競合他社製品への対抗機・新製品開発に関する協議。難航が予想されたこれらの議題も当社社長の英断で半日で解決。出張目的を遂行できた。さらに、営業スタッフへのデモのレクチャーも実施。15名が参加。熱心かつ真剣な質疑応答がなされた。実りある有益な出張だった。
香港便り07 2016/04/12

当地はどんよりと黒い雲が空を覆い今にも雨が降りそうな天気。いよいよ商談の開始。今回の主議題は、毎回紛糾する「価格交渉」と多大な投資が必要な「新製品開発」の2点。

 午前中、両社長のせめぎ合い後、妥協点を見出し、無事成約。
営業部長など幹部と共のランチは恒例の中華料理、久しぶりに大人数による円卓の宴会はアルコールなしでも賑やか。同社は社長・副社長の下、チームワーク良く、みな積極的。今後の販売台数増、販路拡大に期待がわく。ランチ後全員で記念撮影。
香港便り06 2016/04/11

海外出張の大きな楽しみのひとつは『食事」現地産のビールと郷土料理。当地は基本的には中華料理だが、そこは国際都市、世界中の料理が味わえる。
   最初の夜は、ホテルから近い、前回(2015/04) も訪れた九龍旺角(MONGKOK)の‟八月軒(JASMIN GARDEN)” にて本格四川料理に舌鼓を打った。ただ、同行の新社長は下戸で、ワインなし、青島ビール1本の寂しい晩餐に。
  香港便り05 2016/04/11

第97回目の日本入出国で香港出張。顧問先のP社社長、担当者に同行。追加オーダーや新規モデル開発などの商談が主目的。毎回海外出張はビジネス最前線・丁々発止の緊張感、出来る限り思い通りに導く責任感が刺激的。
 他方、私にとって海外出張の醍醐味は、『機内食とエンタメ』 今回ANA(B777-200)利用の為、一応 ‟Acceptable (適応内)” タンドリーチキン、スペイン赤ワイン2杯堪能。レオ様待望のアカデミー賞受賞の「レヴェナント(蘇えりし者)」鑑賞。156分の長編。全編厳しい大自然の中での暗い画面、執念の復讐劇は正直好みではないが、飛行時間約5時間のいい時間つぶしに。
香港便り04 2015/05/29

大型連休中、無事「大型商談」成約。お陰さまで意気揚々(!?)と帰国。20年振り、そして短い滞在でしたが、その成熟・醸成された社会を垣間見ることができました。
  観光する時間はありませんでしたが、食べた、乗った、観た「素顔の香港」を写真でご紹介します。(写真:現地代理店の当社窓口スタッフ、日本語を読み、書き、話す)
 

香港便り03 2015/05/28

今回出張目的のひとつ、「製品説明会&デモ」には、香港代理店・総従業員100名余(含む中国支店)の内、約70名のスタッフ、セールスマンが出席。先のミャンマーでおよそ20社に同様なプレゼンを行ったが、これほど大勢、熱心かつ真剣に聴講してくれた企業は初めて。

 
オリジナル水道水と当社電解アルカリ水との「比較実験」で目に見える差や違いに大きな拍手と轟く歓声。途切れのない、鋭い質問には正直びっくり。当国ビジネスへの確かな手応えと大型商談発展!?を予感。(写真:両社長他と)
香港便り02 2015/05/27

20年振りに訪問した「S社香港」のオフィスは場所こそ移動していたが、高層ビル33階、窓からは摩天楼、遠くに海が一望できる絶景は同じ。

 
T.N社長は歴代錚々たる先輩達の歴史と伝統をしっかり継承している印象(社員400名)中国向けの製品、部品等の販売が好調の由。昔のS社には大勢いた元気でたくましいツワモノと久々に会った!?
 

香港便り01 2015/05/27

 20年振りの当地の激変ぶりは予想を遥かに超えるもの。まず、以前のビルの中を離発着する空港が郊外に移転。街には高層ビルが林立。現在、人々は家購入価格が高騰、中心地域では数億円。
東京より高いので賃貸アパートに住み、地下鉄、バスの交通網が整備され、車を持
  たないひとが増えている。
よって、金を使うことがなく、日本などへの海外旅行、高額家電、家具などがよく売れている由。だから、夕食で行った香港料理店は満席。家族ずれで溢れている状態に納得。また、健康志向製品販売が好調とか。我々商品の大量販売に期待大!?(写真:懐かしい青島ビール)



香港企業(ERNST GROUP HONG KONG HOLDINGS LIMITED)との商談成約

海外ビジネスアドバイサーをしている相模原・中小企業の香港企業との「商談成約」 ミャンマーに続いて2ヶ国目。



急遽、本案件のため来日したドイツ人貿易会社社長、夫人・副社長(中国人)と本社・工場において終日激しい丁丁発止の商談に心身共に疲労困憊。でも、後期高齢者になっても、S社現役時代と変わらず、ビジネスの最前線で色々な処で色々な人達と色々な話ができることに感謝。オフィス近くの料亭でランチ接待。