ホーム トップ  ミッション   プロフィール  商品紹介 パートナー   ニュース(海外)  コラム  掲示板  リンク
 ニュース(国内)
  「高校同窓会イン鹿児島」20170913

 「高校同窓会イン鹿児島」法事で帰鹿。在鹿児島の同窓生に電話した所、急な呼びかけにもかかわらず3名が集合。早速、芋焼酎と鹿児島料理に舌づつみをうち、そして終わりは定番のカラオケコースで久々の再会、旧交を温めた。クラブのママも同じ高校の卒業生、生涯現役のお父さん(95歳)と二人で切り盛りしている。やはり高校時代の友達は一番気が置けず楽しい。
   お互い呼び捨て、昔話に花が咲き、若き青春時代にタイムスリップ。近況の情報では残念ながら数名の同窓生の訃報も。しかし、元気で健康で飲み、食べ、語り、歌う、幸せを満喫。また、東京のように、遠路電車で帰宅することもなく、近くのビジネスホテルで、温泉に入って翌日までのんびりできるのが最高!最近、紹介してもらったこのホテル、無料WIFI、豪華バイキング朝食、コーヒー飲み放題で4,500円から。何よりも便利なのは、歩いて5分で鹿児島空港行き高速バス停留場があること。次回の再訪が待ち遠しい。
  「DELL VOSTRO 260s」(中古)購入20170908 

約3年間使用した「lenovo (Thinkpad)」(中古)の電源スイッチが壊れ、使えない状態に。そこで、いろいろネットで調べた結果、数あるネットショツプより「DELL VOSTRO 260s」(中古)を発見・購入。仕様は次の通り:
【Windows10 Home, 64bit, Core i5 2400, メモリー4GB、HDD 1TB, DVDマルチ搭載】で12,800円。
   大型電気店では外付けHDDだけでも10,000円前後するのを考えると付加価値は抜群。加えて、注文してから何と約12時間後に納入された。使いやすく管理も簡単な省スペース型デスクトップで、ワークスペースの合理化、作業環境が変わり、ベストバランスに。優れた機能が実現でき、ビジネスの生産性・スピードアップに期待!? 時代は変わった。IT業界の過激な競争、サービス競争に改めて実感。
  『学園祭・Festa Yokohama 2017』 神奈川学習センター(弘明寺20170903 

放送大学・神奈川学習センター最大のイベント『学園祭・Festa Yokohama 2017』に約400人が参加して盛大に開催。記念講演会、マジックショー、ジャズライブ、交歓親睦パーテイ、模擬店、サークル紹介等々盛り沢山のイベントで盛り上がりました。私は「焼きそば・焼成班」3年目のベテラン。今までの猛暑が嘘みたいに和らぎ、雨も降らず外での作業に丁度良い気候。
   ベテラン・新人入り入り交じり、ビールを飲みながら楽しく賑やかに。食した多くの方々も美味しいと大好評。交歓親睦パーテイは、広い会場に人が溢れ、かき分けないと通れない、少ないワインを探すのに必死。恒例の「大抽選会」では少ない入賞者の中、「第6等賞」放送大学バッジをゲット、ラッキー。また、サークル紹介では、当スペイン語研究会(Clase De Español Kanagawa ; CDEK)のデビュー。ガウチョ(南米のカーボイ)の格好をして、マテ茶・ボンビーナ(器)を展示、会員募集チラシの配布などに奮闘。数名の入会希望者もいて、いい感触を。第1回講義に何人聴講に来るか、楽しみに!
   「カミさん誕生日祝い」藤沢20170831

 カミさん誕生日祝い 丁度仕事休みの子供たちと一緒に、久々に家族4名揃って藤沢へ。場所はお馴染みの「スペイン料理店・エラルテ」。元々パエジャが大好きな家族は、初めてのバスク料理に「美味しい!美味しい!」と大好評。馴染みの陽気なバスク人シェフ・イニャキさんは、誕生日祝いと告げると、最後に一品追加でチョコケーキをサービス。
   数日前の朝日新聞にも紹介されていたが、“バスク料理は、海と山の幸に恵まれたバスク地方で、魚介中心の沿岸料理と、肉や野菜などの内陸料理、どちらも個性的でおいしい郷土料理として発展。魚介料理は、お米やじゃがいもと一緒に食べることが多く、日本人好みの味わい。最近は日本でもバスク料理が注目されている。フランスとスペインの影響も強い”国際的な料理に影響を与え続けているバスク料理を近くで安く味わえるのは有難い!
  「スペイン語研究会」20170830

放送大学・「スペイン語研究会」。9月開講に向け着々と具体化・準備中。チラシ(写真1)は、会の目的;1)スペイン語の日常会話習得 2)会員相互の親睦、会話能力の向上 3)日本とスペイン語圏文化との交流、開催日、場所、会費などを明確しました。使用する教材・テキストは、私自身が利用した『ゼロから始める書き込み式スペイン語BOOK』(写真2)に決定。 初学者にとって大切なことは、まず、「スペイン語を好きになること」。最初から難しい教科書に手を付けると、スペイン語が嫌いになってしまい、勉学の意欲・資格取得の夢などが途中で潰えてしまいます。
   また、最初は「文法」「表現」「会話」「ライティング」などの特定の分野のテキストではなく、広範囲を学習できるものがよいと考え、そういった点で、この教科書は入門者にお勧めできます。テキストの特徴は「書き込み式」であること。また、CDも付いています。初学者にとって大事な「書く」と「聴く」の両方を学ぶことができます。ところで、全世界でスペイン語を公用語としている国や人口をご存知でしょうか。スペイン本国、中南米地域(除く、ブラジル)約4億人、北米のメキシコ国境付近、中南米の玄関口、南部アメリカでは準公用語として使われており、マイアミ空港ではスペイン語が最初にアナウンスされるほどです。