ホーム トップ  ミッション   プロフィール  商品紹介 パートナー   ニュース(海外)  コラム  掲示板  リンク
 ニュース(国内)
   【知らざる北斎~長寿壮建、日本人のロールモデル】2018/10/14 

講演【知らざる北斎~長寿壮建、日本人のロールモデル】神山典士(ノンフィクション作家)第211回目(Since1993) 講演会受講。放送大学・神奈川放友会10月例会・参加者数約70名。主な概要;来年2019年は、「富嶽三十六景」が有名な葛飾北斎の没後170年。欧米各国で盛大な日本ブーム、イベント開催が計画されている。北斎は画家ゴッホ、モネー、セザンヌ、ドガーなどに多大な影響を与えた。つまり、「北斎・浮世絵はヨーロッパ・アーティストにとっては ‟黒船„」といわれる所以である。
   150年前から北斎の画風を参考にしてきた; 例えば、「ボタンと蝶々」の繊細な風、光、影等など。また、北斎は大変遅咲きで、70歳で売れ始めた。89歳で死去(現在年齢換算で約140歳)長寿の理由は、東京(墨田区)から長野県(小布施)256kmを4往復した健脚、酒、たばこをやらず粗食、93回の引っ越しにより感染症を防止、絵をかき、手を使い、ボケなかったなど推定される。現在にも通じる生き方である。初めて聞く話が多く、大変興味深い講演会。その後、講師を囲んで「懇親会」於;「圧や」。さらに 2次会まで一緒に
  【日本のパスポートが「世界最強」】2018/10/15 

【日本のパスポートが「世界最強」】先日、英コンサルティング会社「H&P」は、日本のパスポートがビザなしで渡航できる行き先数190カ国・地域となり、日本がシンガポールを抜いて単独一位,「世界最強」と公表した。これで、「なぜ、中南米諸国だけではなく世界中で日本のパスポートが泥棒に最も狙われるか」が分かった。日本のパスポートがあれば、世界中の国々にビザなしで行けるからだ。
   逆に、日本人にとって盗難に遭わないよう十分に注意する必要がある。海外旅行中にパスポートをいれたカバンごと盗難や紛失に遭ってしまい、とても辛い思いをしたという苦労話をよく聞く。海外旅行中にパスポートを失くしてしまうと、その国の領事館や大使館でパスポートを再発行してもらうまで、日本へ帰ることもできない。現地の警察へ行ったり、申請書類を作ったりと、海外旅行どころではなくなってしまう。私は海外に行くときには、必ず「パスポートと航空券」は肌身離さず携帯している。日本出入国100回、いまだかって紛失したことはない。これを機会に、各国のスタンプ一つ一つの思い出と感謝をこめてパスポートを整理した。公用旅券(外交官用)4冊を含め、小さな段ボール一杯になった。
  『平成30年度放送大学・神奈川学習センター・入学者の集い2018/10/07 

『平成30年度放送大学・神奈川学習センター・入学者の集い』今回秋の入学式典参加者は約160名。例年通り学長挨拶(DVD映像)、所長挨拶、来賓祝辞、客員教授紹介のあと、学生団体サークル(10サークル)紹介(持ち時間3分)【スペイン語研究会】の紹介は、前回までは私一人で、スペイン語と日本語で当会の主な活動や研究発表、会員募集をしていた。
   今回は会員でスペイン語の歌、 ‟ベサメ・ムチョ„合唱。その間にスペイン語と日本語で、スペイン語学習、スペイン語圏の歴史、文化、音楽、スポーツ、観光、料理など研究発表の会活動を紹介。“興味と関心ある方の入会をお待ちしています。世界4億余人が話すスペイン語と歴史・文化を一緒に学びませんか。初心者大歓迎です。ご清聴ありがとうございました„と結んだ。持ち時間をはるかにオーバーするサークルが多い中、当会は3分ピッタリに終了、聴講者の好評を得た。終了後、弘明寺・居酒屋「玄や」にて他サークルと打ち上げ。美味しい刺し身などのつまみ、生ビールとワインで無事終了を祝した。
  【第22回スペイン語研究会・親睦会】横浜・弘明寺 2018/10/04

【第22回スペイン語研究会・親睦会】既報の通り前回(9/20)、設立 1周年記念行事として食事会を開催。当初10名でスタート、現在 17名に。つい最近入会した80代女性。放送大学・発足と同時に入学(第1期生)。約30年余勉強を継続中。入会の理由は、英語は習得したので今度新しくスペイン語に挑戦したいとのこと。
   まさに、放送大学ビジョンである‟生きるとは学ぶこと、学ぶのは楽しい„を身をもって実践。また、当会の「よく学び、喋り、食べ、飲む」イメージに合うそうで、頼もしい、強力なメンバーが増えた。学ぶ姿勢、生き方、人生のお手本としても会員の期待大。あとは会員 20名以上にして、今、講師をしている私からネイテイブの講師によるスペイン語授業にするのが夢。
  【テニスクラブ親善試合】2018/09/24 

ありふれた言葉ではあるが ‟継続は力なり„ テニスはもう40年間続けいる。時には違う場所・メンバーとテニスをしたいとお思いに所属クラブ親善試合(会費制)にチャレンジ。
   クラブコーチ、会員、スクール生、ビジター 35名参加。5チーム6名編成。総当たりで勝率を競った結果を我がチームは準優勝に。私は 3勝1敗 1分けと準優勝に貢献(!?)。商品として ‟バスロマン(薬用入浴剤)„をゲット。久々の試合で緊張感、充実感を。団体戦は勝っても負けても応援やヤジが楽しい。幸い好天に恵まれ、心地よい汗をかき、そのあとのビールがひときわ美味しかった。これからもテニスは続けたい。